蘇州日商倶楽部について、簡単にご紹介します。

1.歴史

1994年7月、蘇州地区に投資する日系企業有志により、日系企業同士の情報 交換、交流を図るため「蘇州日本人会」が設立されました。その後、会員の増加や環境の変化に伴い、1999年10月、名称を『蘇州日商倶楽部』に名称変更し、現在に至っています。

2.会員

会員には、法人会員・情報会員・個人会員・Mビザ個人会員の4種類がありますが、法人会員を主体としています。情報会員とMビザ個人会員は2022年より新しく追加された会員種類です。 法人会員は、大蘇州圏内に登記された日系企業を対象とし、情報会員は、大蘇州圏外に登記された日系企業を対象とします。個人会員は、法人会員としての入会資格を持たず、外国人就業許可証を取得の上中国で勤務される日本国籍者が対象です。Mビザ個人会員は、法人会員としての入会資格を持たず、Mビザを取得の上中国で勤務される日本国籍者が対象です。なお、会員資格の譲渡は認められておりません。  2022年4月末現在 法人会員615社、個人会員84名が在籍しています。

3.役員

当倶楽部の運営に当たり、会長、副会長、監査役、会計、理事及び事務局長が選ばれており、 定期的に理事会等の会合を開いています。

4.活動

当倶楽部は、日中両国の経済交流・友好関係の発展、及び蘇州地区の日本人相互の交流を主な目的としており、利益事業・政治活動は行いません。また、当局の規制の関係上、 非公認の団体となっています。 親睦活動としては、総会のほかゴルフコンペ、夏祭り、クリスマスパーティー、勉強会やツアーなどの行事があります。また、2005年4月開校した蘇州日本人学校の支援も行っています。

5.会費

上記活動を行うため、各会員に会費を納入していただいています。会費は、法人会員の場合、所属日本人の人数により、1,000元~7,000元/年、情報会員は1,000元/年、個人会員は600元/年です。

6.会員特典

法人会員を対象に会員証明書を発行し、中国人従業員ビザ取得の簡素化サービスを行っております。
(詳しくはこちらをご参照ください。)